SSブログ

体が重い人(どうもすみません!な感じをご想像ください)の登山

PA0_0118.JPG11:40
先日は御在所ロープーウェイ♪な感じでしたが 今回は1合目(よりも下のお土産物屋駐車場)から自分の足(信用ならんのに)で登るそうですよ・・・でも帰りはロープウェイ利用。
本当はロープウェイ駅駐車場に車をとめていくつもりだったが渋滞のため断念。
御在所登山をなめるなよ!
(もっと丁寧な言葉でしたが)って看板があちらこちらに・・・
普段運動なんて全くしてないしぃデスクワークだしぃ仕事終わったら呑みだしぃ休日はゴロゴロしてるしぃ最近コデブからオオデブに認可された堕落者の見本なんですけど なにか? 
ってか登る前にやめようかなぁって感じ・・・
でもとりあえず目の前の石段を登り始める。
せっかくだから「au smart sports Run&Walk」を設定。
すでに額から汗汗 息も上がり気味、で開けたところに出たぞ!と思ったら



PA0_0122.JPG11:50(10分)
ロープーウェイ駅ってどう?
あのぉ ここからスタート予定だったよね?
つか 私このままロープウェイに乗って上で待ってるわ!
と口から出そうになる。
いや むしろ出しておけばよかった。







 



で 駅の脇を抜けて奥に進んでいくと(この時点でかなりお疲れ)

PA0_0124.JPG11:55(15分)
あらいやだ かなり登ったつもりなのに まだ一合目ですってよ奥さん!

もう 無理無理無理無理!と 心の中で叫ぶが 相方には届かず。
(心が通じ合ってないのね 涙)
いや ここで勇気をもって声に出して叫んでおくべきだったのだ。

このあと 裏登山道は崩落のため 
自然遊歩道を迂回。石段を登り下り 山道を散策的な感じ。
相方の判断ミスで同じ道を2往復したけど(←恨み節)
自然遊歩道だったんで「これは いけるかも」と勘違いする。






PA0_0132.JPG12:29(50分)
裏登山道(本当の道は封鎖中)スタート。
電話ボックスのような入山届け出ボックス脇を降りて行く。いままでの遊歩道的な感じは一掃される・・・しかたない だって迂回路だもんと 言い聞かせる。が こんなのは まだまだ「怖い」に入らないレベルだった。
ひぃひぃ ふうふういいながら ちょっと開けたところに出たなと思ったら↓






PA0_0141.JPG12:44(1時間)
ちょいちょいネットで紹介されているワンボックスじゃない?
たいてい「入り口は このワンボックスが目印」って書かれていたような?
って これが本当のスタート地点なわけ? え゛?私たちは どんだけ遠くから歩いて来たの?と 心が折れかかる。
(いや むしろ 折れていたと思われる)
岩ごつごつだったり 丸太橋であったり 数々の難関(後で思うと 何が難関だったんだ?って感じ)を登り続ける。崩落前の登山道は「森林浴気分で緩やかな山道」だったらしいが面影なし。


PA0_0170.JPG13:37(2時間)
藤内山小屋に到着。犬の「太郎」に癒される。が その直後「4合目」の看板に心打ちひしがれる。
まだ4合目?あと6合分あるってこと?
携帯「au Smart Spoets」をチェック。
消費カロリー158kcalに 心が折れる。
こんなに苦しくて?たったそれだけ?
もう チェックしないことにする。






PA0_0175.JPG13:52(2時間10分)
その後も 岩ごつごつを ひたすら登る。
で ここで 下ってくる人とは かなりすれ違ったけれど 登りの人とは まったく遭遇してないと気づく。
しかも 下ってくる人が 口々に「今から???」と言うのだ!
「今からですけど 帰りは ロープウェイなのでぇ・・・(ちょっと申し訳なさそうに)」と答えると
「あぁ そうなんだぁ(失笑)」みたいな会話を 数十回繰り返した。つか下ってくる人多すぎ。
で 相方ではなく 息も絶え絶えな私に話しかけくるのは 勘弁してくれぇぇ。


PA0_0179.JPG


14:03(2時間20分)
うさぎの耳
人が登ってますよ・・・元気だねぇ






 

 

 


すぐ に くさり場
PA0_0180.JPGPA0_0181.JPG正直くさり場は
そんなに怖くなかった。
この後の
整備されていない様な
何気ない道の方が
高所恐怖症には
「死ぬ」と思ったょ。
ほぼ 這って登る。
尻をついて下る。
そんな道を
下ってくる人は
さくさく歩いて行くのだ。
ごめんなんさい
こんな高所恐怖症の
ド素人が・・・




PA0_0188.JPG14:52(3時間10分)
やっと やっと6合目。
もう15時じゃん!
最終ロープウェイに間に合うのか?
つか間に合わなくても 来た道を
下っていくのは高所恐怖症には無理だから!
登りだから 下を見ないで
這いつくばって木の根や石にしがみついて
登って来たけど下りは絶対無理無理!




PA0_0189.JPG14:56
あと40分の看板に救われる。
が すぐに私の足だと あと何分?と不安になる。
一般的じゃない私だと どうなの?と呆然。

下って来た爽やかな青年が
「この先はもう 危ない場所が少ないですから
ひたすら登るだけですよ」と
やさしい言葉をかけてくれた。
あぁ 爽やかな青年 ありがとう♪

 

 PA0_0190.JPG
15:06(3時間30分)
7合目。
岩場じゃなくなって 笹 笹 笹。
高所感もなくなって 怖くない。
でも 息があがって苦しいよぉ。
休み休みになってしまうのだ。








PA0_0193.JPG
15:18
登って来たんだなぁ
















PA0_0200.JPG15:26(3時間50分)
8合目・・・やっと・・・
ここから先 道がVの時に凹んでいて歩きにくかった。
でも まぁ 今までの高所恐怖に比べたら まったく問題なし。
が 下ってきた人が
「え゛?帰りロープウェイなんですか?間に合いますか?」と言う。
ん?なんで?
相方があわててネットで確認。
10月からは運行時間が変更となり帰りは16時最終らしい。
マジ???魔示?あと30分じゃん?
間に合うのか?えぇぇぇっぇぇ????
と 気持ちは焦るが 体が付いてこない。
がんばれ 私のアドレナリン!
つか相方 私を置いていけ!そして最終ロープウェイを止めれ!
相方 先にダッシュ。
私はひたすら登る(でも 休み休み)



PA0_0206.JPG15:41(4時間)
9合目
ぜいぜい はぁはぁ

そして 9合目の看板 その場所は














PA0_0207.JPGロープウェイ乗り場の前なのだぁ
よかった 本当に よかった。

のどかな観光客が わんさか居たよ。
こっちは死ぬかと思う連続だったよ。

で すぐにロープウェイに乗ったさ。
(前回頂上満喫しておいてよかったね)

あっちゅう間に下山。(下山所要時間12分)
素敵ロープウェイ!







帰りは 片岡温泉に入って来ました。
その感想は また次回・・・思い出す気力が残っていたらってことで・・・

ちなみに 「au Smart Spoets」ですが 電池切れのため 「うさぎの耳」付近で死んでました。
ほんと  biblio電池切れ早すぎ!使えねぇ
※今回の画像はすべて相方の携帯にて撮影


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ